2006.03.29

検索文字列から Part 2

約半年ぶりに、検索文字列に反応してみる。

「gx8 リングフラッシュ マクロ」
リコーGX8用のフード&アダプターHA-1の先には37mm径のフィルターネジが切ってあるので、その先にステップアップリングを噛ませばリングフラッシュを付けられないことはないですよね。
ただ、絞りが設定出来るとはいえ中途半端な値が三段階だけなので、ストロボ側で細かく発光量を調整出来るタイプでないとかなり辛いと思います。
Pentax Optio43WR, ISO200といいつつ、せっかくなので手持ちのオリンパス T8リングフラッシュ2を無理矢理付けてみました。T8の取り付けネジは49mmと55mmなので、T8とHA-1の間に37mm→49mmのステップアップリングを噛ませています。
……制御部のTパワーコントロール1が、GX8のように小さなカメラだとリングフラッシュの発光部にぶつかってしまうため、やむをえず前後逆に付けています。本当に無理矢理ですね(苦笑)。
なお、この時TパワーのホットシューにあるTTLオート用の接点とロック爪をテープでマスクしておかないと、途中で引っかかって奥まで入りません。こんな馬鹿なことをする人が他にいるとは思えませんが。

Ricoh GX8, 85mm equiv., F14, 1/50, ISO64で、撮影結果です。被写体はなかなか精巧なボトルキャップ。背景の黒は、実はThinkpad S30です。
リングフラッシュの光量は、二段階あるマニュアル設定の弱(ガイドナンバー約3.2)。絞りは一番絞っておき、ズームと撮影距離とISO感度設定で明るさを調整しています。撮影後に確認したらアンダー気味だったので、Photoshopでちょっとレベル補正。
思ったより使えますね。


ところで、cocologの管理画面が今日のメンテナンス以降異常に重くなり、編集・プレビューの1サイクルに数分待ちという状態になってしまったので、改善されるまでは更新頻度が落ちると思います。
サイドメニューの「最近のコメント」も表示されなくなってしまったし、最近cocologはメンテのたびに不具合が増えていくので、そろそろ乗り換え時かも知れません。

| | コメント (1)

2006.01.08

GX8、千枚目

Ricoh GX8, F2.5, 1/15(マニュアル), ISO100, 28mm相当先月買ったリコーGX8だが、撮影枚数がもう千コマを越えてしまった。
自分にとってあくまでもサブ機のはずのコンパクトデジカメとしては異例のペースだ(ちなみにG4wideは二年で二千数百枚)。「原子力電池」もすでにフル充電二回。
千枚目は奇しくも、同じリコーの往年の名機FF-1の分解記録写真になってしまった。
こういう撮影にはマクロに強いリコーのデジカメは使いやすい。特にGX8ではマニュアル露出が使えるので、すべて露出を固定して撮影した。カメラ内部は光り物と黒いものが多いので、自動露出ではちょっとのアングル差で大幅に露出が変わってしまうのだ。G4wideのころはこれで随分苦労した記憶がある。
ちなみにカビにひどくやられている玉があったのでカビ取りのためばらしたのだが、こまかく記録を取りながら作業していてもどこかで組み間違えたらしく、全コマ露出オーバーになってしまった。要再組み立て。
たまにはこんなミスもする。


リコーつながりでGR BLOGにトラックバック。
作例の神社は私もGX8で撮ったことがあるのだけど、GRとGX8の暗所での性能差を実感。写りが違いすぎる……。

| | コメント (4)

2005.12.11

飛行機雲、高く

Ricoh GX8+DW-4, 絞り優先, F5, -0.3EV, ISO100, 彩度強GX8での、最初のお気に入りカット。

ワイコンを付けた状態でちょいズーム。28mmより微妙に広くていいかもしれない。G4Wideでこの青は出せなかったな。

| | コメント (0)

G4wide、二年間お疲れ様。

*istDs, DA16-45/4, F4, 34mm, ISO800サブに使っているRicoh G4wideが今の基準で見るとさすがに厳しくなってきたので(画素数よりむしろホワイトバランスとかの不満)、しばらくGR digitalの購入を迷ったあげく、結局いまさらRicoh GX8を買った。ワイコンとGR用ファインダー、ヨドバシで売っていた貼り革(暴利だねこれ)込み。
カメラとしてのポテンシャルはGR digitalの方が上だと思うし、レンズ性能、特に歪曲収差と逆光耐性のレベルはもう比べものにならないくらいなのだが、解像感がファームのせいかまだ今ひとつだと思うのと(レンズが勝ってるから今後の伸びしろはあると思う)、GX8ではあの「原子力電池」とまで称された大容量電池(前回の充電が9月、その前は4月。年に3,4回の充電ですむのはまさにサブカメラ向き)がそのまま使えること、G4wideで出来たことはみんな出来ることあたりが決定要因か。
G4wide、GX、GX8とスタイルがほぼそのままだから古めの機種という印象だけど、GX8は今年五月の発売だから、実は出てからまだ半年ちょっとなんだよね。まさにデジカメ業界はドッグイヤー。
R3も一瞬検討したけど、店頭展示機で次々壊れていくレンズバリアを見ると……。

Ricoh G4wide, ISO200Ricoh GX8 with wide converter, ISO200
左:G4wideで撮ったGX8、現時点でのラストカット。右:GX8で撮ったG4wide、これがファーストカット。G4には自分でグリップを追加している。
二世代分進歩しているけど、G4wideのいい所も悪い所も結構そのままかな。あいかわらず低照度になると実効感度が落ちるし、色味が地味だし(笑)。
G4wideでしばしば困った緑・マゼンタ方向のホワイトバランスは改善されているかも。
あと、GX登場初期に購入をためらった電池室のフタのゆるさ(こういう所が結構重要なんです)はさすがに改善されていた。もうちょっと固くてもいいけど。ワイドコンバーターのレンズキャップはすぐなくしそう。つけないと私の使い方では確実に前玉を痛めるし。フィルターネジがないし、これどうしようかな。
G4Wideは愛着もあるので予備役へ。

このセットと中判用Flektogon、ペンタ645用フィルムバック一つで、冬ボーナス散財はもう終わり。すでにFA77リミとかペンタ645とか買っちゃってるしね。

GR blogのエントリ【引続きよろしくお願いします。】にトラックバック。
私見だけどGR Digitalが市場に出てからGX8の売り上げも盛り返している気がするのだけど、気のせい?

| | コメント (1)

2005.10.21

GR Digital雑感

今日はGR Digital発売日なので、昼休みに最寄りのビックカメラに行って少し触ってきた。
まず持った印象。私が使っているG4wideとくらべると、だいぶスリムにそぎ落とされた感じだが、小さすぎるほどではない。グリップの具合も悪くない。
他にも待っている人がいるため自前メモリーカードでの撮影などはできなかったが、全体にレスポンスはいい。G4wideやGX同様、AFがアクティブ・パッシブ併用のため、マクロ以外ではピント合わせの待ち時間はないと言っていい。起動もレンズが飛び出してくるタイプにしてはかなり速い。
ただし、電源OFF時のレンズ収納はちょっと待たされる。体感で電源ON時の3倍くらい掛かる感じ。まあレンズ収納の仕組みを考えるとむしろONの時が異常に速いのだけど。
操作体系は、G4wide,GX系のユーザーであれば、ADJボタンが後部ダイヤルの押し込みだということさえ気付けばすぐに馴染めるはず。

問題はワイコン(のフードとキャップ)。写真では分からなかったが、花形フード、キャップともに安っぽいゴム製のかぶせ式。なおかつ、フード装着時にキャップはつけられないので、ワイコン+フードをつけっぱなしでカバンの中に入れておくとワイコンの前玉が頻繁に危険にさらされることになる。これがプラの花形フードや角形フードならともかく、ゴムだから簡単にゆがむし。
また、ワイコンの鏡筒先端は前玉ぎりぎりの寸法になっていてフィルターネジがないので、市販のキャップやフードを流用することも出来ない。ここはちょっと大きくしてもいいからネジを切って欲しかった所。外付けファインダーの前玉も保護されていないけど、これが傷ついても写りは変わらないし。
ここが解決されない限り、少なくともワイコンはパスかなあ……。

一応、GR BLOGにトラックバック。
またトラックバックが複数入ってしまった。cocolog側でなにか変?

| | コメント (3)

2005.08.30

Signal is Green!

Ricoh G4wide, 28mm equiv. Auto, AWB, Photoshopにて微調整, 道は開けた。

リコー、「GR BLOG」開設。ついに、リコーGRシリーズの正当な後継となるデジタル機の出現が現実のものになりそうだ。
それまでの「繋ぎ」として当時ほとんど唯一の広角デジカメG4Wideを買ってから、ずいぶん待たされた気がするなあ・・・。何度GXやGX8を買いそうになっては「いや待て、すぐに本命が出たら悲しいし」と思いとどまったことか(いろいろ買っているようで、実は新品に対しては結構慎重派)。
というわけで、今日の写真はG4Wideで撮った一枚から。
咄嗟にこういう写真を撮るには、相変わらず重宝している一台。

ところで、どうやってもGR blogへのトラックバックに成功しないんですが……。もしかして人がチェック出来る時間帯しか出来ないようになってるとか?
こんだけホットな話題なのに午後十時半以降のトラックバックが一件もないもんね。

(09/02追記)
と思ったら。今日見たらいきなり何件もここからのトラックバック入ってました。うーん……orz

| | コメント (0)

2005.07.02

夏の準備

Ricohflex DIA L, Rikenon 80/3.5, Fuji NewPro400, F-3200でスキャン後調整夏が来る、今日の天気はさえないけれど。
夏が来る、この梅雨が明ければ。
さあ、今のうちに準備だ。
夏の準備だ。


近所の、土日限定のかき氷屋が今年もそろそろ開く。後ひと月もすれば毎週通うことになるだろう。

この写真は最近入手したリコーフレックス・ダイヤLの試写から。
手に入れた個体は思いのほか状態が良く、写真集二冊程度の値段が申し訳ないほど。
こいつのレンズ、それにしても良く写る。さすが富岡製と噂されるだけのことはある。

| | コメント (0)

2005.01.29

夜の子猫たち

「あ、人間が来たにゃ」「そろそろずらかるにゃ」
(……んー、私も人間なんだけど気にされてない?)
*istDs, XR RIKENON 55/1.2, F1.2, ISO1600


肉眼ではピントもよくわからない暗さのため、対夜猫用特殊装備XRリケノン55mm/F1.2を実戦配備。
解放でピントが甘々だろうが、この暗さでは取りあえず明るいことが重要です。

| | コメント (0)

2005.01.18

梅は咲いたか

なんか早い気がするんだけど、こんな時期だったっけ?
*istDs, XR RIKENON 50/2, F4, RAW現像

リケノンの50mm/F2は最短60cm(後期)と45cm(前期)の二本持っているけど、これは前期型の方。二本合わせても四千円しかかかってないお買い得レンズ(注:厳密に区分するとリケノン50/2は4種類)。
シャープだけど、こういう条件だとボケが固いね(^^;

| | コメント (0)

2004.12.29

初雪

IMGP0696-small探したが、この天気では猫は見つからず。かわりに、小さく不格好な雪だるまを見つけた。
*istDs, XR RIKENON 50/2, F5.6, 1/125

| | コメント (0)

より以前の記事一覧