2006.01.28

氷の文様

Yashica FX-103program, Sonnar 85/2.8 AEG, F11, 1/1000, Konica Sinbi200(SRM), DiMAGE SCAN 5400IIでスキャン後調整神社脇の裏通り。
除雪されぬまま残った先週の雪が、いつの間にか「作品」と化していた。

| | コメント (0)

2006.01.18

西新宿点描

Minolta new X-700, newMD 24/2.8, F5.6, Kodachrome 64, F-3200でスキャン後調整三角コーンすらすでに朽ち
Minolta new X-700, newMD 24/2.8, F5.6, Kodachrome 64, F-3200でスキャン後調整「全品半額」の文字見る人もなく
Minolta new X-700, newMD 24/2.8, F5.6, Kodachrome 64, F-3200でスキャン後調整履く子のいない靴だけが残る
再開発とは一体何なのだろう。

前回のエントリで触れた「月曜上がりのフィルム」から。
ミノルタnew X-700にKR詰めて、24mm一本だけつけて昼休みに一気撮り。

なぜ「物欲・収集癖」カテゴリにも入っているかというと、

続きを読む "西新宿点描"

| | コメント (0)

2005.12.09

西新宿:scrap & build



西新宿。見覚えのあるものが、どんどん壊れていく。そしてクレーンが睥睨する。
撮影データ:すべてPentax Espio 928, Fuji Astia 100F, Epson F-3200にてスキャン後Photoshopで調整。

今回の機材は、わずか数百円で手に入れたペンタックスの銀塩コンパクトESPIO928。

続きを読む "西新宿:scrap & build"

| | コメント (0)

2005.08.27

棄街・炎天下

西新宿、炎天下。いつもより駆け足で崩壊は進む。
人が追放された街。
Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整
Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整

デジタルでは台風が通り過ぎた後のハイコントラストな昼光は拾いきれないので、オリンパスXA4を持ち出す。
十分に光が足りている所にあえてNatura1600を装填し、ISO400に設定してみる。ほとんど3mに固定し、ひたすら歩き回りながら撮る。
念のため、DPE時にはコントラスト押さえ目で焼くように指示。目論見通り、よく色が乗っている。かなりオーバーになっているはずの空も飛びきっていない。
結果良好。

NATURA BLOGの「NATURA1600 他のカメラでどうよ」にTB。

| | コメント (0)

2005.08.21

NATURA TB03-3:この夏の変身

Fuji Natura Black F1.9, 24/1.9, Kodachrome 200(KL), F-3200でスキャン後調整変ねえ、昨日まではうちわサボテンだったのに。
暑さに耐えられなかったのかしら。


カメラ:フジ Natura Black F1.9 / フィルム:コダクローム200
NATURA BLOGのTB企画第3弾 「この夏の○○」にTB。

これはフィルムがNatura 1600だと、たぶん全然印象違っちゃいますね。
ところで私のNatura、どうも周辺減光が右(この写真だと上)だけ強いのだけど、これは個体差なのかな。1600なら目立たないんだけど……。

| | コメント (0)

2005.08.20

秘密の格納庫

Canon FTb, New FD 50/1.4, F5.6?, Agfa CT Precisa, F-3200でスキャンご調整その屋台は、昼の間は廃屋の陰に身を潜めているという。

今週はなんとなくキヤノンな気分だったので、週の前半はCanon FTbを持ち歩いていた。

続きを読む "秘密の格納庫"

| | コメント (0)

2005.08.12

現場監督28HG x 西新宿

Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像西新宿、昼。
駆け足でのスナップから。
Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像


またぞろ悪い虫が騒ぎ出してしまい、今度はコニカの「現場監督」を安価にゲット。
シリーズ中でも最強のストロボ(並の一眼レフ内蔵ストロボの倍以上の光量)を装備した現場監督28HGを選んだのだが、結局フィルム一本中一コマもストロボを使っていないのだから、あまりこのモデルにした意味はなかったかもしれない。

さて上がりはというと、フィルムメーカーのレンズはいい、という自分内定説通りシャープで、なかなか良く写る。もともと工事記録用モデルだから、写りが悪かったら困るのだ。
ただし、この記事に載せている画像に関して言えば、手抜きをして同時プリント時に作ってもらったフジカラーCDのデータそのもの(つまりプリント用に調整されたもの)の低解像度版なので、ちょっとコントラストも彩度もきつすぎになっている。複数枚をちゃんとスキャンして調整するのが面倒だったのだ。
それにしても象の色なんかハデすぎだ。フィルムは地味発色のセンチュリアなのに、AGFA ULTRAで撮ったかと思うくらい(もしULTRAで撮ったらどうなるんだ?)。

続きを読む "現場監督28HG x 西新宿"

| | コメント (0)

2005.08.05

特価商品

Fuji Natura Black F1.9, Super EBC Fujinon 24/1.9, Kodachrome 200(KL), -0.5EV, F-3200でフィルムからスキャン後調整100円で買うのはいいとして、さて、なんに使おう……。


Natura Black F1.9での四本目、コダクローム200での撮影結果から。
補正無しで撮ったVelvia100での結果が全体にオーバー気味だったので-0.5段補正を基本に調整したら、ほぼ期待した結果になった(KLはもともと感度200出てないっぽいし)。
どうも明るいものがある場合にそれに引っ張られて露出不足になる傾向があるようだが、このコマは露出も色もイメージ通りドンピシャ。惜しむらくは首の下にある「100円」の文字が途中で切れてしまったことか。さすがにこの距離になるとファインダーの視差が無視出来ないな。

| | コメント (0)

2005.07.28

干すにはいい日だ

Pentax *istDs, Tamron CW-28(28/2.8), F8, Silkypixで現像目の端に赤い色を感じて顔を向ければ、こんなものが天日干しに。
今日の天気なら、良く乾くことだろう。
台風の後の突き通すような日射しで。

| | コメント (0)

2005.07.25

梅雨の日の記憶

Kyocera T-Scope, Tessar T* 35/2.8, Kodak 400UC, F-3200でフィルムからスキャン現像しそこねていたネガから。

なぜ軍手なのか気になって、
思わずレリーズした一枚。
よく見ると、雨がかすかに写っている。

今年の梅雨時には、雨の中でも気にせず使える京セラのT-Scopeをサブに持ち歩いていた。がしかし、このカメラどうも撮っていて「乗らない」のが難点。結局ほとんど撮れなかった。
実際に現像して上がりを見ると、一目でわかるレンズのシャープさ。写りはいいのだ。テッサーT*なんだから。
なのになぜ使っている時に気分が乗らないのか、不思議なカメラだ。おなじ生活防水でも、たとえばオリンパスのμなんかだと結構いいテンポで撮れるのだが。
結局私が好きなカメラは、スペックどうこうではなく撮っていて気分がいいかどうか、らしい。そんなもんカタログじゃわからないから色々手にするしかないわけで。
悪いことに、一度手に入れるとなかなか手放せない性分なので、機材は増える一方。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧