2005.12.31

彼の玉座

Pentax645, SMC Takumar 6x7 200/4, F8?, Konica Sinbi 200, F-3200でスキャン後調整「中身のことはよう知りませんが、座り心地はこのア○オスが一番ですな」

相変わらず猫は撮っている。
これは、Pentax645にPentax67用の135mmを付けたつもりが、あわてていて200mmを付けて持ち出してしまった時のカット(サイズがかなり違います。あわてすぎです)。この組み合わせだと35mmカメラ換算で120mmなのに最短撮影距離2.5mと全然寄れず、猫撮りにはかなり不自由。鉄道とかならこれで困らないんだけどね。

以下、更新情報というか。
mixiで知り合ったまつもとさんのblog「写真箱」と相互リンクしました。写真機材についてのかなり深い考察が読めます。
カテゴリをいくつか追加しました。どのカテゴリにも属していなかったエントリを格納するためのものや、通して読み返してみて共通項でくくれるものをカテゴリ化しています。特に、自分にとっての西新宿的なカットをまとめた「西新宿」は前から作っておきたかったカテゴリです。

| | コメント (2)

2005.12.13

頭上の炎色

Pentax645, Fkectogon 50/4, F5.6, Kodak E100VS, F-3200でスキャン後調整まだ散らずに耐えている木の葉たちの色の、なんと豪華なこと。


先のエントリと同日の撮影。
この色はさすがにまだポジからじゃないと出ないかなあ……。RAWでごりごりやれば近づくだろうけど。
それにしても古くさいフレクトゴン50mmの描写、いいですわ。ちょっとレンズにヤケが見えて、軽いガタつきもある個体なんだけど、ポジでも発色への影響はあまりない感じ。645に付けたときの画角は換算32mmくらいの感じなのかな?あまり体験したことのない不思議な画角。

| | コメント (2)

2005.12.04

道化

Pentax 645, A75/2.8, F2.8, Auto +1EV(1/60?), Kodak Portra 400NC, プリントからスキャン顧みられることのない、孤独な道化。

銀座、裏通りにて。


生存証明を兼ねて、ひさしぶりに一枚。
気がついたら初代Pentax 645を買っていた。
これまで手持ちの中判は古い二眼レフばかりだったが、これだけ現代的になると大分気軽に撮影出来る。うっかりネガで撮るとDPEに時間が掛かるのだけは困りものだが。
目方と体積は、まあ最初からそういうものだと思えば意外と苦にならない。

GR Digitalはいまだに買っていない。
一時GX8がやけに安くなり、それならこっちでもいいか、と迷っているうちにまた元の値段に戻ったり、人の作例を見るとG4wideでシャープネス設定をソフトにしている私から見てもいまいち甘く見えて気になったり。
体調を崩して定時出社すら月に半分もできなくなり、経済的に不安だというのもある。
ちなみにPentax645は、GX8の最安値並で一式買えてしまったのである。

| | コメント (0)

2005.07.02

夏の準備

Ricohflex DIA L, Rikenon 80/3.5, Fuji NewPro400, F-3200でスキャン後調整夏が来る、今日の天気はさえないけれど。
夏が来る、この梅雨が明ければ。
さあ、今のうちに準備だ。
夏の準備だ。


近所の、土日限定のかき氷屋が今年もそろそろ開く。後ひと月もすれば毎週通うことになるだろう。

この写真は最近入手したリコーフレックス・ダイヤLの試写から。
手に入れた個体は思いのほか状態が良く、写真集二冊程度の値段が申し訳ないほど。
こいつのレンズ、それにしても良く写る。さすが富岡製と噂されるだけのことはある。

| | コメント (0)