« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.30

Signal is Green!

Ricoh G4wide, 28mm equiv. Auto, AWB, Photoshopにて微調整, 道は開けた。

リコー、「GR BLOG」開設。ついに、リコーGRシリーズの正当な後継となるデジタル機の出現が現実のものになりそうだ。
それまでの「繋ぎ」として当時ほとんど唯一の広角デジカメG4Wideを買ってから、ずいぶん待たされた気がするなあ・・・。何度GXやGX8を買いそうになっては「いや待て、すぐに本命が出たら悲しいし」と思いとどまったことか(いろいろ買っているようで、実は新品に対しては結構慎重派)。
というわけで、今日の写真はG4Wideで撮った一枚から。
咄嗟にこういう写真を撮るには、相変わらず重宝している一台。

ところで、どうやってもGR blogへのトラックバックに成功しないんですが……。もしかして人がチェック出来る時間帯しか出来ないようになってるとか?
こんだけホットな話題なのに午後十時半以降のトラックバックが一件もないもんね。

(09/02追記)
と思ったら。今日見たらいきなり何件もここからのトラックバック入ってました。うーん……orz

| | コメント (0)

2005.08.29

かき氷、

もう、終わりかあ。*istDs, FA43/1.9Limited, Silkypix 2.0βで現像*istDs, FA43/1.9Limited, Silkypix 2.0βで現像

| | コメント (0)

2005.08.27

棄街・炎天下

西新宿、炎天下。いつもより駆け足で崩壊は進む。
人が追放された街。
Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整
Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整Olympus XA4, 28/3.5, Auto, Natura 1600(ISO400設定), プリントからスキャン後調整

デジタルでは台風が通り過ぎた後のハイコントラストな昼光は拾いきれないので、オリンパスXA4を持ち出す。
十分に光が足りている所にあえてNatura1600を装填し、ISO400に設定してみる。ほとんど3mに固定し、ひたすら歩き回りながら撮る。
念のため、DPE時にはコントラスト押さえ目で焼くように指示。目論見通り、よく色が乗っている。かなりオーバーになっているはずの空も飛びきっていない。
結果良好。

NATURA BLOGの「NATURA1600 他のカメラでどうよ」にTB。

| | コメント (0)

2005.08.21

検索文字列から

このblogを載せているcocologには今日と昨日の、検索でここにたどり着いた場合の検索文字列を知る機能があるのだけど、見ていたらちょっと反応したくなったので書いておきます。いずれも*istDsネタ。

「da40mm フード フィルター キャップ」
純正のDA40フード先端用キャップはねじ込み式で付け外ししにくくなくしやすいので、フィルムケースのキャップを使っている人が多いようです。私はこれ、ペンタックスの有名な某氏に実演してもらいました。
by Pentax Optio 43WRby Pentax Optio 43WR
こんな風にちょうどはまります。
ちなみにNatura1600のフィルムケースだと、黒いので目立ちません。
ついでに書いておくと、DA40のフードはこの例のようにFA43Limitedにも使えます。銀塩機につけた状態でフィルム側から覗き込んで確認してみましたが、特にケラレていないようです。

「istDS レリーズ 流用」
EOS Kiss Digitalのレリーズ RS60-E3 が使えることは割と有名なようです。私も三脚使用時にはこれを使っています。
ただ、誰も動作保証はしてくれませんので、自己責任で。

| | コメント (2)

NATURA TB03-3:この夏の変身

Fuji Natura Black F1.9, 24/1.9, Kodachrome 200(KL), F-3200でスキャン後調整変ねえ、昨日まではうちわサボテンだったのに。
暑さに耐えられなかったのかしら。


カメラ:フジ Natura Black F1.9 / フィルム:コダクローム200
NATURA BLOGのTB企画第3弾 「この夏の○○」にTB。

これはフィルムがNatura 1600だと、たぶん全然印象違っちゃいますね。
ところで私のNatura、どうも周辺減光が右(この写真だと上)だけ強いのだけど、これは個体差なのかな。1600なら目立たないんだけど……。

| | コメント (0)

NATURA TB03-2:この夏の避暑地

Canon EOS D60, SIGMA 18-50/2.8 EX DC, F5.6, ISO200, Silkypixで現像こう暑くっちゃやってられねえよな。
あんたもこっち来るかい、ちっとはマシだぜ。
なに、つっかえて入んねえ?
人間は面倒なもんだねえ。


カメラ:Canon EOS D60 / レンズ:シグマ18-50/2.8 EX DC
NATURA BLOGのTB企画第3弾 「この夏の○○」にTB。

ちょっとトリミングしてるから、ひょっとすると反則かなー?バージョン違いはSNS上の日記で公開しちゃってるし。

| | コメント (0)

2005.08.20

秘密の格納庫

Canon FTb, New FD 50/1.4, F5.6?, Agfa CT Precisa, F-3200でスキャンご調整その屋台は、昼の間は廃屋の陰に身を潜めているという。

今週はなんとなくキヤノンな気分だったので、週の前半はCanon FTbを持ち歩いていた。

続きを読む "秘密の格納庫"

| | コメント (0)

2005.08.19

扉は開かず。

Canon EOS D60, Contax Sonnar 85/2.8(AEG), F4, ISO200, 純正RAW Image Converterで現像後縮小空、高いなあ。
外、出たいなあ。

D60用のバッテリーグリップを三年目にしてようやく妥当な値段で入手したので(元の値段は縦位置シャッターだけのためには高すぎる!)、今週はD60をメインに持ち出している。
久しぶりに使うと、このカメラの作る絵の良さを再認識できる。ハイライト近くの描写が*istDsより粘るし、重めの色はいい感じになる(これは10D以降ではさっぱりしすぎる)。ていうかこいつの画像、つけているドイツ玉ゾナーのせいもあるかも知れないけど、最新のKissDNあたりのWEB上で見つかるサンプルより素性がいい気がするんですけど……。

| | コメント (0)

2005.08.13

Naturaでモノクロ

Fuji Natura Black, 24/1.9, Ilford XP2 Super, F-3200でスキャン後調整こういう看板、つい撮ってしまう。
ちょっと冷黒調に色調整。


Natura BlackにC41処理モノクロのイルフォードXP2スーパーを詰めて、街中スナップ。
XP2はパトローネのDXコード部分をちょっと削ってISO1600のフリをさせてから装填し、ナチュラをNPモードで動作させている。NPモードは基本的に+2段補正なので、結果的にISO400でノーストロボの写真が撮れることになる、はず。
ナチュラのNPモードは要するに、カラーネガフィルムでカラーバランスが偏った場合に特定の感色層の露出不足をカバーするため、全体に露出オーバーにしているのだが、モノクロなら本来の適正露出でそのまま撮った方がいい(そうでなければ本来の感度ってなんだ?)。
で、実際に上がりを見ると、ISO偽装したモノクロを入れたナチュラ、なかなか使えそうです。
そうそう、富士フイルムさんも日本未発売のNEOPAN 400CNを出してくれると選択の幅が増えて嬉しいのだけど、市場が小さいからなあ……。

NATURA BLOGの「NATURAに他のフイルムを入れてみる」にTB。

| | コメント (2)

2005.08.12

現場監督28HG x 西新宿

Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像西新宿、昼。
駆け足でのスナップから。
Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像Konica 現場監督28HG, 28/3.5, Konica Centuria Super 200, フジカラーCD低解像度画像


またぞろ悪い虫が騒ぎ出してしまい、今度はコニカの「現場監督」を安価にゲット。
シリーズ中でも最強のストロボ(並の一眼レフ内蔵ストロボの倍以上の光量)を装備した現場監督28HGを選んだのだが、結局フィルム一本中一コマもストロボを使っていないのだから、あまりこのモデルにした意味はなかったかもしれない。

さて上がりはというと、フィルムメーカーのレンズはいい、という自分内定説通りシャープで、なかなか良く写る。もともと工事記録用モデルだから、写りが悪かったら困るのだ。
ただし、この記事に載せている画像に関して言えば、手抜きをして同時プリント時に作ってもらったフジカラーCDのデータそのもの(つまりプリント用に調整されたもの)の低解像度版なので、ちょっとコントラストも彩度もきつすぎになっている。複数枚をちゃんとスキャンして調整するのが面倒だったのだ。
それにしても象の色なんかハデすぎだ。フィルムは地味発色のセンチュリアなのに、AGFA ULTRAで撮ったかと思うくらい(もしULTRAで撮ったらどうなるんだ?)。

続きを読む "現場監督28HG x 西新宿"

| | コメント (0)

2005.08.07

NATURA TB03-1:この夏の一句

Pentax P30T, Sigma fisheye 15/2.8, Fuji Reala Ace, F-3200でフィルムからスキャン後調整向日葵も
顔を背ける
クソ暑さ

日射しがあまりに強すぎて、日に向かうはずのヒマワリまで思わず顔を背けてしまうことであるなあ(詠嘆)。

カメラ:Pentax P30T / レンズ:Sigma Fisheye 15mm F2.8 / フィルム:Fuji Reala Ace
NATURA BLOGのTB企画第3弾 「この夏の○○」にTB。

それにしてもリアラのラチチュードの広さは素晴らしい。デジタルでも撮ったけど、そっちは空半分くらいRAWの段階で真っ白です。

続きを読む "NATURA TB03-1:この夏の一句"

| | コメント (0)

2005.08.05

特価商品

Fuji Natura Black F1.9, Super EBC Fujinon 24/1.9, Kodachrome 200(KL), -0.5EV, F-3200でフィルムからスキャン後調整100円で買うのはいいとして、さて、なんに使おう……。


Natura Black F1.9での四本目、コダクローム200での撮影結果から。
補正無しで撮ったVelvia100での結果が全体にオーバー気味だったので-0.5段補正を基本に調整したら、ほぼ期待した結果になった(KLはもともと感度200出てないっぽいし)。
どうも明るいものがある場合にそれに引っ張られて露出不足になる傾向があるようだが、このコマは露出も色もイメージ通りドンピシャ。惜しむらくは首の下にある「100円」の文字が途中で切れてしまったことか。さすがにこの距離になるとファインダーの視差が無視出来ないな。

| | コメント (0)

2005.08.04

出番終わり

EOS D60, EF50/1.4, F1.8「あー、終わった終わった。ねえ、これから飲み行く?」
マネキンの一体が、仲間たちにそう話しかけていた。


この写真、実は二年半ほど前の撮影。
benさんの「出番待ち」を見て思わず発掘した。
・・・っつーか、クリスマスの晩に一人でこんな写真を撮ってたようでは将来暗いわな。

| | コメント (2)

2005.08.03

Natura x 学芸大学界隈

Fuji Natura Black F1.9, 24/1.9, Fuji Natura 1600, プリントからスキャンFuji Natura Black F1.9, 24/1.9, Fuji Natura 1600, プリントからスキャンNatura Black、三本目のフィルム(フィルムもNatura1600)から。
Fuji Natura Black F1.9, 24/1.9, Fuji Natura 1600, プリントからスキャンいずれも「ナチュラ光と影写真展」の行き帰りでのスナップ。昼間の光でも、やはりこのカメラ独特の質感が出るね。

銀塩のカメラは結構とっかえひっかえ使っている私が、この短期間に同じカメラで五本目のフィルムに突入しているのは非常に珍しいこと。四本目は現在現像中。やはり気に入ったんだろうな、このカメラ。
驚いたことに、もう丸四日もデジタル一眼レフを使っていない。

続きを読む "Natura x 学芸大学界隈"

| | コメント (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »